審査員資格 移行研修コース(A17886/A17887/A17888)

カリキュラム ①ISO9001:2015 審査員移行研修(1日目・2日目)
②ISO14001:2015 審査員移行研修(1日目・3日目)
③ISO9001:2015&14001:2015 審査員移行研修(1日目・2日目・3日目)
本コースでの昼食のご用意はいたしておりませんのでご了承お願い致します。
<内容> <学習の要点> Q E Q&E
第1日目
モジュール1
(付属書-SL)
9:00〜17:40
・付属書SL上位構造について
・審査計画書の作成
・トップインタビュー
・不適合の特定
・審査所見、報告
トップマネジメントへの実践的なインタビュー方法を学ぶ
第2日目
モジュール2
(ISO9001:2015)
9:00〜18:00
・ISO9001:2015要求事項の変更点
・用語の説明
・リスクベースとプロセスアプローチ
・筆記試験
プロセスアプローチの必要性を考察し実践する
第3日目
モジュール2
(ISO14001:2015)
9:00〜16:10
・ISO14001:2015要求事項の変更点
・用語の説明
・リスクベースとプロセスアプローチ
・筆記試験
ご案内 ・本コースでは、モジュール1(付属書SL)及びモジュール2(規格固有要求事項)を分割して受講することはできません。 他機関でモジュール1(付属書SL)を受講済みの方も、上記①~③のいずれかでお申し込みください。
・本コースは、1日目/モジュール1(付属書SL)、2日目/モジュール2(QMS固有要求事項)、3日目/モジュール2(EMS固有要求事項) の構成となっております。 「②ISO14001:2015 審査員移行研修」コースに参加の方は、2日目が空き日となりますので予めご了承ください。

【本コースにおけるモジュール1(付属書SL)・モジュール2(規格固有要求事項)カリキュラムの連続受講について】
この度のQMS、EMS改訂における要点の一つであるトップマネジメントの関与について、1日目/モジュール1(付属書SL)のカリキュラムでは、 「トップマネジメントへのインタビュー」を実施する技能を伸ばすための実践的な演習を組み込んでいます。
また、2日目以降/(QMS・EMS固有要求事項)のカリキュラムは、1日目の演習である「トップマネジメントへのインタビュー」を プロセス審査へとつなげていくカリキュラムとなっています。
弊社ではモジュール1(付属書SL)・モジュール2(規格固有要求事項)におけるカリキュラムの継続性を重視し、 受講者の皆さまには、 モジュール1又はモジュール2の各々単独ではなく、モジュール1と2を連続で受講いただく形で審査員移行研修コースをご提供いたします。
お知らせ ※ JRCA あるいはCEAR 認定コースを合格修了した方について
今後、IRCA認定コースの合格修了者以外の方は、IRCAへ登録することができなくなります。
ただし、2015年7月末までにJRCAあるいはCEAR 認定コースを受講、合格修了している場合に限り、 この度の移行研修に合格し修了された方はIRCAに登録申請が可能となります。
2015年8月以降のJRCA/CEAR コースの受講者については、特例は適用されず、 IRCA認定審査員として登録することができませんのでご了承ください。

日程表

  • 東京
  • 大阪
  • 金沢
  • 福岡
  • 名古屋
  • 札幌
  • その他
  • 東京開催日 お申込みボタン 現在の状況
    2017/06/12(月),06/13(火),06/14(水)お申込み開催確定(受付中)
  • 大阪開催日 お申込みボタン 現在の状況
    2017/04/26(水),04/27(木),04/28(金)お申込み受付中
  • 金沢開催日 お申込みボタン 現在の状況
    2017/05/10(水),05/11(木),05/12(金)お申込み受付中
  • 福岡開催日 お申込みボタン 現在の状況
  • 名古屋開催日 お申込みボタン 現在の状況
  • 札幌開催日 お申込みボタン 現在の状況
  • その他開催日 お申込みボタン 現在の状況

お問い合わせ・各種ご要望
ページの先頭へ