CDPアンケート支援

森林:回答支援

世界のGHG排出量の15%が森林破壊が要因であり、森林破壊防止活動を通じて2030年までに年間1,000億ドルの節約が見込まれると試算されます。

投資家は、コモディティ(木材、パーム油、大豆、牛製品、ゴム)調達によって引き起こされる森林破壊や、それに対応する企業の取り組みに非常に注目しています。
Forest質問書は、企業のバリューチェーンにおけるコモディティに起因する森林破壊を排除するためのガイダンスとしての役割を担っており、森林に関連する組織のガバナンス体制、リスクと機会の特定・評価、事業戦略・目標、また森林破壊への対応状況が問われております。

SOCOTECでは、質問内容やクライテリアの解説や、どのような情報で適切な回答を導けるかといった支援をいたします。
さらには森林破壊防止に資する組織のガバナンス体制やリスクと機会の特定・評価プロセスの構築を支援することで、投資家のニーズにマッチしたサービスをご提供いたします。

ページの先頭へ